腸活のためのサイト



アンチエイジングは腸内環境から!

 

117830

 

 

腸内環境への関心が、かつてないほど高まっています。
チョコレート、アイスクリーム、キムチ、納豆などに乳酸菌が入ったりして「腸活」と言う言葉も、もはやメジャーなものになって来ましたね。

腸内環境を整える事、腸内フローラを上手に育てる事ががアンチエイジングの第一歩と捉えて、そのための役立つ情報を集めています。

 

 

 

 

腸内フローラとは?

 

目には見えませんが私達の身体には多くの細菌が常に住んでいます。人は周囲の環境にいる雑菌に触れ、菌との共存をしています。
普段、人に害を及ぼさないこれらの細菌は「常在菌」と呼ばれ腸や肌、口や鼻など、外界に触れる場所にいる事が分かっています。

 

これらの常在菌が果たす最も大きな役割は、外界にいる病原菌から身体を守る事。
常在菌が作った成分は病原菌が定着しにくい環境を作り、病気の予防に役立っています。
この常在菌の集まり「フローラ」と呼ばれ注目されています。

 

小腸の終わりから大腸にかけて、これら多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりを作り
びっしりと腸内に壁面に生息している状態です。
この様相はまるで植物が種類ごとに集団を作って、群れている花畑の様子に例えられて「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

 

腸内フローラを整るメリット

免疫力が高まる

一部の乳酸菌を摂ると、免疫細胞であるNK細胞の活性が上がり、免疫力がアップすると言われています。アレルギーや風邪なのでの予防にも効果が。

 

病気になり難くなる

腸内フローラが乱れると、大腸炎や糖尿病、動脈硬化と言った病気に繋がると言う報告があります。病気の引き金となるのは腸内細菌が作る代謝物質。そのため原因となる代謝物質を作らせない腸内環境作りが、病気の予防になると考えられています。

 

お通じが良くなる

腸内フローラが整うと大腸のエネルギー源となる物質が作られて、便を送り出す動きが活発になります。
食物繊維の摂取で腸内フローラが整い、便通が改善すると言われています。

 

太り難くなる

腸内フローラが腸内で短鎖脂肪酸を生産し、これらが血中に移行します。
全身を巡る事で代謝を上げ、脂肪蓄積を防ぐ事が分かっています。

 

ストレスに強くなる

腸内フローラとストレスの関連性も指摘されています。
動物実験ではストレスを示す数値が低くなる事が報告されています。

 

 

腸内環境を高めるには?

ヨーグルトなどの乳酸菌納豆やキムチなのど発酵食品炎症を抑えると言う良い油などを摂取する事によって、健康な腸内環境を高める事は出来るでしょう。

でも毎日意識した食材選び・・・となると、なかなか難しいものですよね。
そこでやっぱり頼りになるのがサプリメントです。
私が体験した中で「これいいかも!」と思えたものを、ご紹介したいと思います。

 

手軽に腸内環境を整えたい方へ