玉ねぎキムチ納豆の組み合わせも凄い!

 

f081b5421113e263b47e0c480dfa12b0_s

 

 

 「めかぶキムチ納豆」の組み合わせは
  最強ですが、めかぶ玉ねぎに変えた
 「玉ねぎキムチ納豆」も凄いんです。

 

 

 

 

 

 

玉ねぎキムチ納豆の作り方

  1. 納豆は粘りが出るまでよく混ぜる。
  2. よく混ぜた納豆にみじん切りにした玉ねぎとキムチを混ぜる。

これだけです。

 

玉ねぎキムチ納豆の効果的な食べ方

作りたてより数時間置いたものは乳酸菌が数倍になるそうです。
朝に作って置いて冷蔵庫に保管し、晩ご飯の時に食べるのが
より「玉ねぎキムチ納豆」のパワーを発揮します。

 

玉ねぎにはビフィズス菌のエサになるオリゴ糖が含まれています。
乳酸菌の大半を占めるビフィズス菌はオリゴ糖をエサにするため
腸内でビフィズス菌が増殖するので腸内環境を良くする効果
期待出来ると言います。

 

それに玉ねぎと言えば、血液をサラサラにする効果もありますよね!
血栓を予防するためにも積極的に取り入れたい食材なので
納豆に入れると言うのは効果的な食べ方だと言えますね。